徹底的に駆除|体にも影響がでる害虫被害|南京虫駆除の駆除はプロに任せよう

体にも影響がでる害虫被害|南京虫駆除の駆除はプロに任せよう

徹底的に駆除

ハクビシン

侵入口を塞ぐ作業

住宅でのハクビシン駆除は、単にハクビシンを追い出すだけでは終わりません。というのも、住宅内でハクビシンによる被害が発生したということは、住宅のどこかにハクビシンの侵入口があると言えるからです。追い出した上でその侵入口を塞がなければ、再びハクビシンが入ってくることになります。そのためハクビシン駆除では、再度の被害を防ぐための作業も必要とされています。侵入口は、屋根と外壁の隙間などにあることが多いので、まずはそれを探します。そして金網や柵や板などでそこを塞げば、以後はハクビシンが住宅内に入り込んでくることはなくなります。侵入口は一箇所とは限らないので、もちろんその全てを探し出して塞ぐ必要があります。

巣や糞などの除去も

またハクビシンは、住宅の屋根裏などで巣作りをすることもあります。巣が作られると、多くの場合はそこで子供が生まれます。つまりハクビシン駆除で屋根裏からハクビシンを追い出しても、そこには巣や子供が残っている可能性があるということです。そのためハクビシン駆除では、ハクビシンを追い出した後の清掃も必要となっています。巣がある場合にはそれを除去して、子供がいた場合には追い出すのです。巣には食糧が持ち込まれていたり、周辺には糞がまき散らされていたりするので、それらもしっかりと除去し、さらには殺菌消毒もおこないます。このように、ハクビシンがいた痕跡を残さないように徹底的に作業することで、駆除後には住宅で安心して過ごせるようになるのです。