身近な害獣を駆除するには|体にも影響がでる害虫被害|南京虫駆除の駆除はプロに任せよう

体にも影響がでる害虫被害|南京虫駆除の駆除はプロに任せよう

身近な害獣を駆除するには

ねずみ

ねずみが出たらすべきこと

日本で家屋に出没するねずみは、クマネズミに、ドブネズミ、ハツカネズミの3種類です。一般的に家屋に住み着くのはクマネズミが一番多く、体長15〜20センチ程度で、とても身体能力に優れたねずみです。身軽なので、壁や電線などどこでも登る事が出来るため、二階や天井裏などに入り込み、巣を作るのです。とても賢く、このねずみ駆除はなかなか困難と言われています。警戒心も強いため、罠にかかりにくく、市販のねずみ駆除用粘着テープも避けてしまい捕まらない事も多いです。殺鼠剤は効きますが、人体にも有害ですから、取り扱いには十分注意が必要ですし、殺鼠剤に耐性を持ったスーパーラットと呼ばれるクマネズミも出てきており、素人が完全に駆除するのは困難と言われています。一時的にねずみ駆除が出来ても、通り穴など侵入口があると、再び住み着く恐れがあるので、その場しのぎではない対策を取るには専門の業者に依頼するのが一番のようです。

プロに任せるのが一番

前述のとおり、ねずみ駆除は素人にはなかなか難しいものです。罠や粘着テープを使用して数匹捕まえても、家に巣が作られていると、完全に駆除することは出来ません。試行錯誤の上、結局は業者に頼んで解決するのが一番効果的だったという声が多くあります。ねずみ駆除を行っている業者は数多くありますので、どこが一番適切かを見極めなければなりめせん。完全にねずみ駆除するためには、現在住み着いているねずみの捕獲処分、巣の撤去と、痕跡を残さない清掃、今後の侵入経路を塞ぐという作業が必要となりますので、これらをしっかり行ってもらえるかを確認する必要があります。特に侵入口の封鎖は素人には難しいですので、丁寧な作業を行っている業者を見つけるのが重要です。